交通事故を弁護士の先生に任せる

交通事故を弁護士の先生に任せることに

過去の相談者の例ですが、わたしはいつも歩いて会社まで通勤しておりますが、いつも周りの車等に注意しながら慎重に道を歩いているので交通事故等はほとんど遭遇したことがありませんでした。
しかしながら先日相変わらず注意をして歩いていましたが、向こうからやってきた車が突然わたしの方に向かって突っ込んできました。
わたしは間一髪の所でよけることができて大事には至りませんでしたが、多少をけがをしてしまいました。
向こうのドライバーの人は車から降りてきてすぐに私に謝っておりましたが、それほど悪気がやったようではなかったのでわたくしはそれ以上責める事はしませんでしたが、とりあえずすぐに近くの病院に行ってみて検査なりをしてみることにいたしました。
その後のことに関しては、向こうのドライバーの人が入っている保険会社の人等と話し合いになると思いますが、何分私の方は自分でいろいろと交渉したり法律の事などはさっぱりわかりませんでしたので、弁護士の先生にお願いしてみることにしました。