会社の人間関係を弁護士相談する

法律というのは知らないだけでいろいろなものがあります。
当たり前に普通に行っていたことが実は法律違反だったということもあるかもしれません。
また最近特に多いのがセクハラだったりパワハラだったりといった会社内での人間関係のトラブルです。
セクハラはだいぶ前から言われていますが、それでもまだどこまでが大丈夫でどこからがセクハラになるのかという判断はとても難しいところです。
更に難しいのがパワーハラスメントです。
いわゆる上司が部下に対することなのですが、上司としては別に圧力をかけているわけではなくただ単にがんばれと発破をかけていただけだとしても、受け取る側としては上司の横暴と移ってしまうことがあるかもしれません。
そういったことを考えだしたらきりがありませんが、ですが会社としてガイドラインを弁護士相談してつくっておくというのもいいことなのではないかと思います。
最初から判断材料があればトラブルも未然に防げるのではないでしょうか。