専門を見極めて弁護士相談する

弁護士というのは法律の専門家ですが、法律というのは非常に多岐にわたっています。
ですから法律家といってもすべてを網羅しているとはいえません。
もちろんどんな案件であってもそれなりの対応はしてくれるとは思いますが、やはり得意分野というやつが存在するのです。
たとえば刑事事件を専門にしている弁護士に離婚問題を相談したとしても離婚問題を専門に扱っている弁護士にはかなわないということです。
逆もそうで民事専門の弁護士が刑事事件の弁護をしようと思っても屋や勝手が違うのではないかと思うのです。
また民事も多岐にわたっていて企業の顧問などを務めているような人事や経済に強い弁護士もいれば、離婚問題などを専門に扱う弁護士もいるわけです。
借金などを得意とする弁護士もいたり、相続に関することを専門にしている法律事務所など一口に弁護士といってもいろいろな種類の弁護士がいるのです。
ですから弁護士相談を頼むときは、その弁護士事務所はどのような案件を多く扱っているのか事前にしらべておくといいでしょう。

得意な分野で勝負する弁護士が増えているのですが、最近はインターネットを使ったホームページ集客が主流になりその方法もかなり多様化しているように感じます。交通事故という言葉が検索エンジンのキーワードとなり弁護士を探す事ができますので、離婚であれば離婚弁護士と調べるでしょう。医療関係の問題であれば医療過誤などで検索されるでしょうし、労働問題であれば労働問題弁護士でしょう。検索キーワード=ニーズとなっているのでホームページを上手に活用すれば弁護士の集客も困らずに済むかも知れません。

最近テレビで居候弁護士の事をイソ弁というそうで、弁護士資格を持ちながら弁護士事務所に雇用されているような状況のことをいうそうですが、ビックリしたのは、今は弁護士資格があっても収入を確保するのが大変な軒先弁護士またの名を軒弁という弁護士がいるそうで、これは居候でもなく知り合いの弁護士事務所で電話と机だけを借りさせてもらって営業する人の事をいうそうで就職も出来ない人がふえているそうです。ただ弁護士が食えないのはちょっと困った感がありますので、今の状況を国も少し考えて欲しいものです。